POPで売っチャイナ ブログ

*

インバウンドで爆買い客船という、新しい言葉ができたみたい・・・(苦笑い)

   

中国人観光客さん!いらっしゃ~い!おまけ君です

国の大型クルーズ客船「マリナー・オブ・ザ・シーズ」(13万8279トン)が10日、舞鶴市の舞鶴港・国際ふ頭に寄港した。府内に入港した客船では過去最大級。約3000人の外国人観光客が市内で買い物を楽しんだり、京都市まで足を伸ばしたりして、秋の一日を満喫した。

body01

写真は別の客船です

「マリナー――」は全長310メートル、幅48メートル。船内にはプール、カジノ、劇場、スケートリンクのほか、約20店のブランド店が並ぶ。今回は、中国・天津を出発し、北海道・室蘭、横浜などを12泊で巡るツアーの道中、舞鶴港に立ち寄った。

 乗客のうち8割は中国人観光客で、家族連れや若者グループの姿が目立った。この日は午前7時に入港すると、疲れも見せず、京都市などへ日帰り観光に向かった。

 舞鶴市内で買い物した人もおり、免税カウンターを今年3月に備えたスーパーでは、免税専用レジを2か所設けて対応。観光客が菓子や化粧品、下着などを「爆買い」する姿も見られた。市内を観光した中国・武漢の会社員、童文娟トンウェンチュンさん(30)は「日本製品は人気が高い。友達や家族にたくさん買って帰りたい」と話していた。

2015年09月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
おまけ君思います
バスが2台や3台ではなく、一気に3000人が下船してくる。想像するだけで、凄いですね。タクシーの運転手が言ってました。「彼らは観光ではなく、仕入れですね。」そう聞いても納得できるところが、凄いですね。
いくらツアーの団体だとはいえ、3000人ともなれば、その対応が行き届かないところや、いろんな不備が出て来ます。皆さんはこれをチャンスと思うか?迷惑と思うか?・・・面白くなってきた、インバウンドですね。
おまけ君

 

人気ブログランキング

The following two tabs change content below.
源内 清芳(おまけ君)

源内 清芳(おまけ君)

大阪生まれの大阪育ち。2005年から2009年まで、中国のアモイ市で、部屋数150部屋、従業員数200人の自主式カラオケ店を経営。2010年帰国。中国での様々な経験を生かして、「中国人観光客が行列を作る、魔法の販促術」という中国人特有の販促を生かした、セミナーを開催している。 2010年日本パーソナルブランド協会主催、セミコングランプリ2010優勝。藤村正宏先生主催・エクスマ塾沖縄67期。エクスマエヴァンジェリスト15期。おまけ君というニックネームの由来は、中国でのカラオケで、おまけを付けて売る中国独特の販売方法で、カラオケで毎日ビールを約100ケース(2400缶)販売してたところから、おまけ君と自分で名づけた。現在はインバウンド向けセミナーと「おもしろいと思われるセミナー講師」になるためのセミナーやコンサルタントに力を入れている。もう一つの仕事は独居老人を中心とした、介護職に就いている。

 - ブログ