POPで売っチャイナ ブログ

*

おまけ君物語 その2/兄貴!中国へ行ってくれ!

      2015/08/18

中国人観光客さん!いらっしゃ~い!おまけ君です

私がセブンイレブンで働いていた時、数年前に離婚して独りで生活していました。夜勤が多かったんですが、楽しく働いていました。「美味しいおでんはいかがですか~!」楽しかったです。正直もうこのまま年齢を重ねていくんだと、自分では人生というものを、あきらめではないですがレールは最後まで見えていたような感じがします。

そんなある日、私の弟が突然やって来たんです・・・・

「兄貴、中国へ行ってくれへんか?」「カラオケの店を管理してほしいねん!」私は何を言っているのかさっぱり理解できなかった。弟が言うには、中国と日本で貿易をしていて、ある中国人に誘われて「カラオケ」中国ではKTVと言われている店を開業したんです。よくある話ですが、中国人に任せていたために管理が行き届かなくなり、金銭的な管理も含めて私に任せたいとの気持ちで、依頼されたのでありました。

やはり身内の頼み事。まして弟です。即答はしませんでしたが、数日後に中国に行くことを承諾したのでありました。ただセブンイレブンの店主さんには、突然辞めることになり大変ご迷惑をおかけしたと思います。だって人気者だったんです。お年寄りにはね。

数日後には部屋の荷物も全部捨てました。なぜ捨てたのかわかりませんが、今思い起こせば、もう日本には帰って来ない決意が心の中にあったのかもしれません。

こんなことで私は中国に行くことになり、私の人生の大きな経験となる、中国へ旅立つのであります。

中国に行って驚きの連続でしたが、一番驚いたのは・・・・

明日に続く・・・

おまけ君

 

Scrn100

ブログランキングに参加しております。

よろしければ、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓


マーケティング・経営 ブログランキングへ

おまけ君物語 その1

The following two tabs change content below.
源内 清芳(おまけ君)

源内 清芳(おまけ君)

大阪生まれの大阪育ち。2005年から2009年まで、中国のアモイ市で、部屋数150部屋、従業員数200人の自主式カラオケ店を経営。2010年帰国。中国での様々な経験を生かして、「中国人観光客が行列を作る、魔法の販促術」という中国人特有の販促を生かした、セミナーを開催している。 2010年日本パーソナルブランド協会主催、セミコングランプリ2010優勝。藤村正宏先生主催・エクスマ塾沖縄67期。エクスマエヴァンジェリスト15期。おまけ君というニックネームの由来は、中国でのカラオケで、おまけを付けて売る中国独特の販売方法で、カラオケで毎日ビールを約100ケース(2400缶)販売してたところから、おまけ君と自分で名づけた。現在はインバウンド向けセミナーと「おもしろいと思われるセミナー講師」になるためのセミナーやコンサルタントに力を入れている。もう一つの仕事は独居老人を中心とした、介護職に就いている。

 - おまけ君物語 , ブログ, 中国人観光客