POPで売っチャイナ ブログ

*

どんなに感動と夢のあるテーマパークでもできない、中国人観光客がタクシーの中で、感動!号泣!した話。

      2016/02/25

中国人観光客さん!いらっしゃ~い!おまけ君こと源内清芳です

昨日の夜、タクシーに乗りました。少し時間があったので運転手さんとお話ししました。
私はタクシーに乗ればよく話をする方です。

まず定番の質問します。「インバウンドのお客さん、乗ってきますか?」です。
そこからいろんな質問をさせて頂きます。

昨日の運転手さんは、特に興奮されて、お話を聞かせて頂けました。

無題

今年の春節の時に、梅田から物凄い勢いで、タクシーに乗って来られた、若いカップルの中国人観光客を乗せたそうです。少し日本語を話せた。紙に千日前交番と書かれてありました。運転手さんは乗車された時に、関西空港と指示されたので、どうして千日前の交番へ行くのか、不思議に思っていたそうです。

image2

とにかく飛行機の時間に間に合わせるために、急いで車を走らせて、千日前へ急いだそうです。千日前に車を停めて荷物をトランクに載せたまま、交番へスマホを見ながら行かれた。最近のスマホの中国のアプリは翻訳機能まで付いてるアプリがあるそうです。

15分ほどして走って帰って来られた二人。実は落とし物を取りに行ってた。
落とし物は財布。キャッシュカード、現金、パスポート、etc・・・

無くなっているものは、何もなく、無くなる前のそのままで、交番に届けられたそうです。
落とし主は何も言わずに、立ち去られたそうです。

関空へ向け車を走らせている間、二人は日本語で「ありがとう!」「感動!」「ありがとう!」と号泣されていたそうです。マジで凄い号泣されていたそうです。財布が戻って来たのは嬉しいですが、それ以上に日本での、落とし物に対しての警察に始まった、日本人のやさしさや正直さに、心から感動されたんだと運転手は、私に話してくれました。

この二人は中国に帰国して、どんな話をしたんでしょうか?

日本という国を見る目が、どう変わったでしょうか?

無題

この様な、日本人にすれば当たり前の、行動やサービスに、日本に来た中国人観光客は中国のSNSでは「驚愕!」「感嘆!」「感動!」と投稿が続けられています。

もしかしたら、中国人観光客は観光スポットではなく、日本人の日常生活の空間を体験したがっているのではないかと思う。だからどこにでも、中国人観光客は活動範囲を拡げているのですね。

もし皆さんが、何かの商売をされているのなら、中国人観光客に来てほしいですか?
来てほしい皆さんは、どんな中国人観光客に来てほしいですか?

これからは、自分の望むインバウンドのお客様を、選べる時代だと思います。だってこれだけ来ているのですから。選ぶためにはどうすれいいか?選ばれなければいけません。選ばれるにはどうすればいいのか?

takoya1

私は「愛」しかないと思います。
特にこれからは「愛」です。

どんな「愛」って決まっていません。
でも私は「愛」なんです。
そう思うんです。

タクシーの中で号泣した2人は、戻って来た財布の中に、日本人の「愛」が入っているのを、心の中できっと見つけたんでしょうね!

おまけ君

 

 

The following two tabs change content below.
源内 清芳(おまけ君)

源内 清芳(おまけ君)

大阪生まれの大阪育ち。2005年から2009年まで、中国のアモイ市で、部屋数150部屋、従業員数200人の自主式カラオケ店を経営。2010年帰国。中国での様々な経験を生かして、「中国人観光客が行列を作る、魔法の販促術」という中国人特有の販促を生かした、セミナーを開催している。 2010年日本パーソナルブランド協会主催、セミコングランプリ2010優勝。藤村正宏先生主催・エクスマ塾沖縄67期。エクスマエヴァンジェリスト15期。おまけ君というニックネームの由来は、中国でのカラオケで、おまけを付けて売る中国独特の販売方法で、カラオケで毎日ビールを約100ケース(2400缶)販売してたところから、おまけ君と自分で名づけた。現在はインバウンド向けセミナーと「おもしろいと思われるセミナー講師」になるためのセミナーやコンサルタントに力を入れている。もう一つの仕事は独居老人を中心とした、介護職に就いている。

 - おもてなし, インバウンド, エクスマ, ブログ, 中国人観光客, 中国人観光客お土産, 大阪, 大阪観光, 爆買い