POPで売っチャイナ ブログ

*

「爆買い」から「爆学」。中国人は日本人の何を学び、感動しているのか?

   

中国人観光客さん!いらっしゃ~い!おまけ君こと源内清芳です

爆買いから「爆学」へと進化し始めた、
中国人の日本リスペクトぶり

爆買いの次に来るキーワードは何か?よくこんなことがネットなどで、ささやかれています。皆さんは次に来るのは、どんなキーワードだと思われますか?

「爆学」ということがネットに出ていました。

私は思うんです。
中国人の日本から学ぶと言うことの先にあるもの、それは肉体的、精神的に自分らしく生きていく術を学ぶ。経済や思想、政治問題などの圧力から解放され、自由に楽しく生きていく術、それを学びたいのではないかと思うんです。

意外に中国人と友人関係になると、本当にやさしい人が多い。しかしいろんな圧力がかかると、一変して人がかわってしまう。それは中国の歴史の中で、中国人の身体の中にできたDNAが、防御反応を示すかのようにスイッチが入ってしまうのかも知れません。

20140501mog00m030012000p_size8

中国人観光客はもっと我々の、日常生活範囲に溶け込んでくると思います。その時、我々はどんな反応を示すのか、それがビジネスにも大きく関係してくると思う。

おまけ君

 

The following two tabs change content below.
源内 清芳(おまけ君)

源内 清芳(おまけ君)

大阪生まれの大阪育ち。2005年から2009年まで、中国のアモイ市で、部屋数150部屋、従業員数200人の自主式カラオケ店を経営。2010年帰国。中国での様々な経験を生かして、「中国人観光客が行列を作る、魔法の販促術」という中国人特有の販促を生かした、セミナーを開催している。 2010年日本パーソナルブランド協会主催、セミコングランプリ2010優勝。藤村正宏先生主催・エクスマ塾沖縄67期。エクスマエヴァンジェリスト15期。おまけ君というニックネームの由来は、中国でのカラオケで、おまけを付けて売る中国独特の販売方法で、カラオケで毎日ビールを約100ケース(2400缶)販売してたところから、おまけ君と自分で名づけた。現在はインバウンド向けセミナーと「おもしろいと思われるセミナー講師」になるためのセミナーやコンサルタントに力を入れている。もう一つの仕事は独居老人を中心とした、介護職に就いている。

 - POP, おもてなし, お土産, インバウンド, エクスマ, ブログ, 中国人観光客, 中国人観光客お土産, 民泊, 爆買い