POPで売っチャイナ ブログ

*

台湾のお客さんが描いた、旅の想い出ノートの絵に「つながりの経済」を思う。

   

中国人観光客さん!いらっしゃ~い!おまけ君です

すっかり涼しくなりましたね。そろそろ来年の春節の準備の企画が、あちらこちらで聞かれるようになってきました。もうあと今年も残すところ約2か月になってきました。

沖縄の那覇にある宿。那覇コンドミニアム ロブコンド
ここは食事がない、宿泊のみのお客様を、世界中から受け入れられている。SNSの発信が素晴らしい。お客様の想い出や、感動、感謝をSNSを通じて、毎日発信されている。フェイスブックに投稿された一枚の写真に、私は驚きそして感動しました。

その写真とは・・・台湾の若い男性6人の絵が描かれたノート。
絵の上手下手ではありません。(でも上手ですね)
写真は宿のFacebookからお借りしました。

12193481_1024085187655121_1397706218879463863_n

絵の上に日本語で書かれている文章。

「ありがと ございます いろいろお世話に なりました!」

台湾は親日の人が多い。インバウンドでも、比較的お相手がやりやすい国民性があります。絶対中国人と比較されます。日本語もよく知っておられます。

彼らは沖縄でどんな楽しい時間を、過ごされたのでしょうか?
彼らは沖縄でどんな人と、交流したのでしょうか?
彼らは沖縄でどんな感動や発見・体験・経験をしたのでしょうか?

この一枚のノートに描かれた絵が、彼らの気持ちをよく表していると思います。このロブコンドさんは、インバウンドに対して特別何かを、されている訳ではありません。でも台湾のお客様に、こんな絵を描いてもらえるのは、スタッフの愛のこもった「おもてなし」があるからだと思います。

昨日エクスマでお馴染みの、藤村正宏さんのセミナーに参加した。
これからは「つながりの経済」の時代になるとお話しされていた。

つながりの経済

★24H365日ネットにつながる
★人と人がつながりあっている
★消費者と直接つながる
★つながりの中で消費が起きる

まさしく那覇コンドミニアム ロブコンドさんは、インバウンドの「つながりの経済」の先駆けかも知れない。そしてもう一つ言えることは、つながりの経済を構築するのは「ひとの力」だと、おまけ君は思うのであります。私は思います。彼らは必ず台湾に帰って、SNSを通じて発信しています。そしてそれを見た人たちが、またロブコンドへやってきます。インバウンドの成功は、そんなコアなお客さんを何人作れるかに、かかっているのです。

ロブコンドのキャプテンのFacebook←真剣勝負のおもてなし!必見!

おまけ君


マーケティング・経営 ブログランキングへ

 

The following two tabs change content below.
源内 清芳(おまけ君)

源内 清芳(おまけ君)

大阪生まれの大阪育ち。2005年から2009年まで、中国のアモイ市で、部屋数150部屋、従業員数200人の自主式カラオケ店を経営。2010年帰国。中国での様々な経験を生かして、「中国人観光客が行列を作る、魔法の販促術」という中国人特有の販促を生かした、セミナーを開催している。 2010年日本パーソナルブランド協会主催、セミコングランプリ2010優勝。藤村正宏先生主催・エクスマ塾沖縄67期。エクスマエヴァンジェリスト15期。おまけ君というニックネームの由来は、中国でのカラオケで、おまけを付けて売る中国独特の販売方法で、カラオケで毎日ビールを約100ケース(2400缶)販売してたところから、おまけ君と自分で名づけた。現在はインバウンド向けセミナーと「おもしろいと思われるセミナー講師」になるためのセミナーやコンサルタントに力を入れている。もう一つの仕事は独居老人を中心とした、介護職に就いている。

 - POP, おもてなし, インバウンド, エクスマ, セミコン, ブログ, 沖縄, 爆買い