POPで売っチャイナ ブログ

*

おまけ君物語 その15/私と沖縄と中国人観光客そしてインバウンド

      2015/10/11

中国人観光客さん!いらっしゃ~い!おまけ君です

沖縄に先日行ってきました。もう何回行ったかなぁ~

k

今日は私と沖縄について書かせて頂きます。長くなります。(苦笑)よければお読みください。私が沖縄に行くようになって、ずっと心の中に思っていたことです。

私は沖縄が大好きです。ネーネーズが大好きだったんです。初代ネーネーズです。有名な古謝美佐子さんがいらっしゃった沖縄の民謡からオリジナルまでを唄われる皆さんです。もうメンバーも何代も入れ替わりました。

img_0

ネーネーズの追っかけでした。子供が保育所に行ってた時でした。子供もなんとなくネーネーズの唄を口ずさんでいたことを思い出します。私と沖縄の始まりはネーネーズです。

私は昭和37年生まれ。小学校の頃は平和学習が盛んで、広島、長崎、沖縄の戦争当時の映像や写真は、何かの時には本当によく見て、話を聞いたことを覚えています。特に頭の中にはっきりと残っているのは、原爆の投下、沖縄の自決の海岸の崖から民間人が飛び降りる映像、白い旗を持ってガマ(自然洞窟)から投降して出てくるお年寄りや子供の映像等は今でもはっきりと、思い浮かべることができます。

私はつい最近までずっと沖縄の人に、聞きたかったことがありました。
それは基地の問題です。内地から沖縄のことを報じられる時に、凄く偏った報道がされていると思うんです。それだけにいったい基地の問題はどうなっているんだろうと、聞くに聞けなかった。私は数年前に名護の女性に凄くお世話になりました。観光助成金の研修を持ち掛けて、いろいろ奔走して頂いたのです。水商売されているママさんです。でも結果的にうまくいかなかった。そのママさんとが沖縄の方との初めてのお友達です。ほんとにお世話になったのです。その方にも聞けなかった。基地の問題。

私は沖縄に行く度に思うことがあります。それは中国という国の脅威です。尖閣の問題です。あまりマスコミでは報道されませんが最前線では、睨み合いの限界までと言われています。でも中国人観光客はどんどん訪日されています。私はこの現状を見て「やばい!」と思うんです。日本の観光行政は中国人に沖縄の訪日を優遇しております。その反対では中国という国との関係。

私は今まで見ているだけでした。沖縄というところをです。中国に対しては私自身も、思うところはあります。絶対沖縄は守らなければいけないとろ。日本です。沖縄。

今年に入り藤村正宏先生が主催されているエクスマ塾に、参加させて頂きました。そこで沖縄の友人がたくさんできました。私はこの沖縄でのエクスマ塾で、今までのモヤモヤとした何かが、す~っと、消えていくのがわかりました。それは沖縄のいろんな考えを持った、仲間ができたことです。

imageエクスマ塾の卒業の記念写真です 沖縄・瀬長島ホテルにて

エクスマ塾は、お客様との関係性の大切さを学ぶ塾です。もう藤村先生が何年も前から、沖縄でこの塾を開催するために、沖縄でコツコツとセミナーやいろいろなことを実績として積み上げて来られました。私は内地の人間としてやっとこのエクスマ塾を通して、沖縄の人との関係性ができた。それは以前お世話になった、名護のママさんから始まったのかもしれない。強い関係性ができたのですね。

この友人を通してどんどん新しい、沖縄の関係性が繋がって来ています。これからまた私を通して、いろいろな関係性が出来上がってくると思います。中国人がたくさん訪日しています。沖縄は日本です。尖閣諸島魚釣島は日本の領土です。中国ではありません。ここは日本の沖縄。中国人に対して、日本のおもてなし、沖縄の素晴らしさを伝えていく力が、これからは重要です。それが無言の中国への圧力になると私は思います。日本を守る力は愛。

皆さん沖縄へ行ってください。
ハッピーなセラピストの皆さん!
ミュージシャン!
お笑い芸人!
いろんなセミナー講師!
コックさん!
観光OK!

楽しく!面白く!しあわせになることを、皆でする。
私は特に中国という国、中国人観光客に接し、そう思うのです。

私はこれからも、大きなことはできませんが、インバウンドの取り組みを通じて、沖縄と向かい合っていきたいと思います。

おまけ君

よろしければ、ポチっとお願いします。
いつもほんとうにありがとうございます。感謝!です。
↓ ↓ ↓
マーケティング・経営 ブログランキングへ

 

The following two tabs change content below.
源内 清芳(おまけ君)

源内 清芳(おまけ君)

大阪生まれの大阪育ち。2005年から2009年まで、中国のアモイ市で、部屋数150部屋、従業員数200人の自主式カラオケ店を経営。2010年帰国。中国での様々な経験を生かして、「中国人観光客が行列を作る、魔法の販促術」という中国人特有の販促を生かした、セミナーを開催している。 2010年日本パーソナルブランド協会主催、セミコングランプリ2010優勝。藤村正宏先生主催・エクスマ塾沖縄67期。エクスマエヴァンジェリスト15期。おまけ君というニックネームの由来は、中国でのカラオケで、おまけを付けて売る中国独特の販売方法で、カラオケで毎日ビールを約100ケース(2400缶)販売してたところから、おまけ君と自分で名づけた。現在はインバウンド向けセミナーと「おもしろいと思われるセミナー講師」になるためのセミナーやコンサルタントに力を入れている。もう一つの仕事は独居老人を中心とした、介護職に就いている。

 - おもてなし, インバウンド, エクスマ, ブログ, 中国人観光客, 中国人観光客お土産, 沖縄